名古屋在住エンジニアの将来性は高い

名古屋でエンジニア業を営むのは、将来性の観点から考えても正解でしょう。なぜなら、情報サービス産業は都市部に集まるという性質を持っているからです。田舎ではなかなか取引先も見つけることができませんし、そもそも優秀な人材が不足しがちです。よほど経費を削減したいベンチャー企業でもない限りは、普通は東京や大阪、名古屋のような大都市に拠点を構えます。都市部なら、大企業から中小企業まで選択の幅が広くなりますし、将来転職を視野に入れることも可能になります。大きな仕事も集まりやすいです。情報サービス産業は世界に打って出るのにも適しているので、世界に影響を与えたい場合にも都市部で仕事をしていくのは理想的でしょう。

IT企業の数が多いということは、マイナー言語を使用するプログラマーでも、自分に合った仕事場を見つけやすいということです。今現在使っている言語が将来に渡って人気であるかどうかは誰にも分からないことなので、リスクを減らすためにも都市部を選択するのは賢い方法となります。エンジニアにとってはネット環境も大切です。あまりにも地方の田舎ならまだ光回線が敷設されていないケースもありますが、名古屋ならその心配はまったくありません。これからさらに高速大容量の回線が登場してきたとしても、都市部は優先的にインフラが整備されるので心配がありません。将来に渡って安定して仕事ができるので、エンジニアなら仕事をする地域は選んだほうがいいでしょう。

大都市で技術の最先端をと考える人が東京から動けない場合があります。しかし、東京・大阪・名古屋の大都市ではさほど変化がない情報量と言えるのではないでしょうか。いつの日から地元名古屋で開業しようと独立を目指している人に「ITエンジニアの働き方@NAGOYA」を贈ります。きっとためになるはずです。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です